ハワイに行ってバカンスを楽しむことができる方法があるのです

ハワイのレンタカー
左ハンドルなので、最初は戸惑うかもしれませんが、道幅も広いし、ドライバーは皆安全運転なので、心配しなくても大丈夫です。相手がどんなゴツイドライバーでも、道は譲ってくれます。日本に戻るといつも、日本のドライバーはマナーが悪いなと思ってしまいます。2-3日借りるだけならばガソリンも使い切らないと思うので、ガソリンスタンドに行かなくても大丈夫でしょう。<荷物が多くても車に積んでおける>但しビーチ等。
ハワイに滞在すると
場所によっては治安が悪いので、荷物を車に残して離れる場合は、トランクにいれておきましょう。トランクは日本に比べてもとても広いので、い物して、ベビーカーがあっても十分なスペースは確保できます。ビーチで使うグッズも積みっぱなしにしておけます。買<子供が寝てしまっても、そのままにしておける>ハワイは風が気持ちよすぎるので、子供はすぐに眠くなります。にでも着いてしまいますが。車の中なら寝てしまっても移動出来るので安心です。

みんな大好きなハワイのお土産を日本で購入

ハワイのツアーの日にちが近くなってから
店の前まで行くと店内から漏れている高速WiFi「AppleStore」を利用することができます。パスワードの入力も必要なく、そのまま使い始められるので簡単ですね。ホテルやユースホステルなどでは独自のWiFiを用意しており、通信スピードも速いことが多いです。チェックインの際にフロントスタッフにパスワードを聞いておきましょう。ポケットWiFiやテザリングWiFiスポットは無料ですが、その場所に行かなくては利用できません。

ハワイにいても東京にいても確実に歳をとっている
ハワイのレンタカー?

バケーションレンタルやコンドミニアムではWiFi設備の無いところもありますし、あちこち遠出するにもWiFiが必要になります。短期滞在であれば日本からポケットWiFiを持参して(あるいは空港で受け取って)、現地通信回線を利用して自前のWiFiスポットを持ち歩くのが良いですが、ポケットWiFiは元々5日間前後の旅行を想定しているため、レンタル業者の価格を見ると1日につき600円~1200円といったところでしょうか。利用可能なデータ量も意外と少なく500~750MBというサービスが多いようで、仕事に使うには少し力不足です。1週間を超えるような期間の利用では割高になります。先ほどプリペイドサービスの項で紹介したように、せっかくスマホがGoPhoneなどでネット接続できるのですから、スマホにパソコンを繋いでスマホのネットを共用できれば便利ですよね。