ハワイのツアーとは

ハワイのレンタカーを借りる方法ですが
個人旅行でハワイに行って、現地でオリオリウォーカーのチケット等は購入出来ませんので、ご注意下さい。どのトロリーもベビーカーを折り畳めば持ち込めます。OLIOLIウォーカー/JTB>やはりなんといっても1番便利なのはJTBのOLIOLIですね、4つのルートがあり、ダウンタウンからアラモアナ、ダイヤモンドヘッド、カハラまで広い範囲をカバーしていて、本数も多くとても便利です。バスもクジラバスという最新型のバスを使っていて、乗り心地も快適です。アラモアナ?ショッピングセンターでも専用のバス停留所を使っていて、力を持っているなという印象です。
ハワイですが
割引クーポンも多く、割引を使える場合も多くあるので、いつも持ち歩きましょう。私もこれまでに何度もお世話になりました。本数も多いので、ゆったりと座れる場合が多いです。<レアレアトロリー>HISのお客さんが利用出来る無料トロリーです。6つのルートで50か所以上の停留所でオアフ島をカバーしていて、かなり遠い場所にもアクセス出来ます。

みんな大好きなハワイのお土産を日本で購入

オアフのスタッフにサポートしもらいました
電話短期滞在ならば日本国内で使っている携帯電話をハワイに持ち込んで「海外パケットし放題」や「アメリカ放題」などのサービスプランを利用することができます。しかし、これはデータ通信に限った話。通常、通話料金は別計算になっており通話時間を気にしながら使わなくてはいけません。アメリカでは着信でも料金が掛かるので、日本から掛かってきた電話に出て長話するのは要注意です。現地での通信は現地のサービスで、というのが安くあげるコツです。現地の携帯電話をレンタル利用することもできますが1日の料金が千円以上かかることが多く、長期生活には向いていません。

ハワイのツアーに参加する私が参加したドルフィンスイム
ハワイのツアー参加者全員がダイビングライセンス保持者か水泳選手だったからかもしれません

まずはワイキキやアラモアナにある日本語の通じる携帯電話ショップで、現地の番号が使える格安電話を買うことから始めてみましょう。先に料金を払ってから利用するプリペイド方式の携帯電話をお薦めします。プリペイドだと使いすぎて多額の料金を請求されることもありませんし、データ通信が確保できるのですからお手軽なものです。携帯電話機本体と1ヶ月の通話無制限とデータ通信を全て含んで50ドルぐらいから選ぶ事ができます。データ量を使い切ったら通信速度が遅くなりますが、たった50ドルでアメリカ国内の通話とローカルの人は時間感覚が日本人と違うので、待ち合わせの際には電話を持っていたほうがイライラせずに済みます。