ハワイ滞在では問題ないと思いますが

現地のホテルの利益になります一方

最近新しくオープンしたのですが、オーガニック食品が多く、テイクアウトのデリコナーも充実しているのでお勧めです。ホールフーズのデリコーナーよりも数が多いのでお勧めです。もちろん、普通のスーパーと同じように野菜や果物も多く売っています。ここと向かいの白木屋を使えば夕食には困らないと思います。ちなみにJTBのオリオリトロリー乗り場はすぐ傍ですね。ハワイのツアーの例:Extratowels&sunscreen

ハワイのホテルの通信環境は

それ以外のお勧めエリア<ワイケレ·プレミアムアウトレット>日本人に人気のワイケレのアウトレットです。ワイキキから渋滞しなければ30分位で到着出来ます。日本のアウトレットセンターも子供向けの店が多いですが、ワイケレも同様に子供向けのアパレルが多く入っています。GAP、オールドネービー、カーターズ、ジンボリー等が入っていますVANSやコンバース等にもキッズ用の靴が1品揃え多く入っているので便利です。プレートランチ屋等もあるので、お昼ご飯を挟んでも大丈夫です。


ビーチのコンドミニアムという集合住宅コンセプトができあがるまえの時代に建てられた古い住宅にはCoop形式のものがいくつかあり
ビーチのコンドミニアムという集合住宅コンセプトができあがるまえの時代に建てられた古い住宅にはCoop形式のものがいくつかあり

アメリカ流のドライな対応ではなく日本流のキメ細かい対応を行ってくれる

アメリカ旅行に関してはしかし対人·対物の補償は別料金になっており、その都度考えて加入することになるので注意してください。適用されないと思ったほうが良いでしょう「ご自分の旅行保険の詳細を確認してみてください」レンタカー運転中に事故を起こした際、海外旅行傷害保険では自分のケガなどの補償しかされません。相手のある事故の場合、相手のケガやクルマの修理には長期生活者にとってレンタカーは毎日必要なわけではありません。ワイキキにはパーキングが少ないので取り合いになりますし、駐車料金も24時間で20~30ドルと決して安くありません。借り私はほとんどの移動をバスと自転車でまかなっていますが、大きな買い物や夜遅くのイベント、島の反対側まで行くような時にはレンタカーを利用するようにしています。ワイキキから買い物に行きやすいスーパーマーケットはクヒオ通りのFoodPantryて夜8時に返すといった感じです。ハワイは観光地なので朝早くから借りられるという特徴を有効利用しましょう。その場合にも、なるべく夜間に駐車場を利用しなくて良いように予定を立てます。朝7時に慣れないうちはワイキキ内の日本語の通じるレンタカーショップがお薦めです。料金体系や保険の注意点などを把握できますし、困った時のフォローも日本語なので助かります。しかし日本語ショップは「日本人料金」ですので金額は高めの設定。

アメリカらしい庭の飾り付け

長期生活は観光というより「日常」です。無駄遣いは禁物ですから、滞在中はハワイ口座にあるお金だけを使って生活するようにします。そのための予算を入金し、チェックカードを使って何にいくら使ったかを管理します。ても危険ですまた多くの現金を持ち歩くことはと。私はどこへ行く時もチェックカードと20ドル紙幣だけをポケットに入れています。襲われた時にも20ドル札を渡せば命が助かる可能性は高まります盗まれても口座凍結すれば被害は少ないですし、何よりも街角で現金を見せなくて良いのが防犯につながります。


ハワイはクルマでの移動が前提の社会
ハワイはクルマでの移動が前提の社会

現地のホテルの部屋番号と現地での連絡先を

また万が一、強盗にハワイは凶悪犯罪は少ないエリアですが窃盗などの軽犯罪件数が全米1位なのはあまり知られていません。日本人観光客の多くが街角で気軽に観光ガイドを開き、日本のクレジットカード「旅行者であることが明白」ではなく、ハワイ現地のカードで支払いするというのは安全策になるのです。お金を見せているのを犯罪者達がターゲットにしているのです。このような犯罪を呼び込まないためにも私は滞在中に何度か「10ドルの日」を設定しています。これはポケットに10ドル札を1枚だけ忍ばせて出歩く日で、これ以上の出費はしません。ワイキキ·コミュニティ·センターで開かれる